一年中の到来は真っ赤な目覚まし時計の鳴り音声からはじまる

とある朝方、アラームのベルが鳴り渡る前に、昨晩からぐっすり奥深い眠りがとれたボクは、目線を覚まし、まだいつもより早いのに、エイッとベッドより起きだして、朝飯を奪い取りました。パン2つ好きなちっちゃなクロワッサンと水ものと果物だ。好きなリンゴとキウイでした。JRに乗じる予行、いつものコンビニで、好きな悪徳コーヒーのペットボトルを買い、気分を上げて水分を多めに取り、喜んでいました。今日はいわゆる京都市内に出ました。JRに乗換えました。幸運にもチケットがありました。不思議です。気持ちも少しのぼり改札を通りました。ずっと払えるチケットだったら宜しいなぁとありえないことを思いました。あんなお日様、この非日常的なことをひらめく事項がオフらしいです。必須を忘れて、日々の人間隔たり関係を忘れようとやるパフォーマンスのヒットだ。私のオフ、せっかくのお休み、この時とばかりに自分の思うように過ごそう、前向きなボクが出てきました。物悲しい気分のボクは嫌いだ。さようならだ。